(  ̄▽ ̄)

今日は、ピアノ発表会。しかもカワイの。自分が出てたとき以来だから十数年ぶり!

どこもかしこもヤマハの発表会はよくやってるんだけどな。

出演の順番が上手さの昇順(?一番最後がその回のなかで一番上手な人)なのは健在なんだろうか?というか、関西でもその暗黙のルール?なのかな?

曲名を見た感じはそうなってるっぽいけど。

あと思い出したのが、グレードとかいう、級。

よく覚えてないけど、テスト受けに行ったなー。

訳もわからず連れていかれて、言われた通りの曲を弾いてたなー。なんのために受けてるのか、とか、なんも理解してなかった。

親や先生の意のままに操られていた(笑)

だけどとにかく、知らない人に見張られながらピアノ弾くのはすごい苦痛だったのだけは覚えてる。意味がわからなかったから余計に、怖かったのかも。

というか、遡れば更に幼少の頃、スイミングスクールに通ってた時から、級のようなものがあって、よくは分からないけど、進級失敗すると子供ながらにショックなんだなぁ。

一緒にスタートしたはずの子が先々行っちゃうとなんで私は取り残されているんだ( ;∀;)、みたいな感覚になった。

競争心というか、順位が上の方が良い!っていうのよくわかってるんだなー。

運動会とか、順位が悪いと惨めじゃん?子供にとっての超一大イベントだし。

…と、色々分析してみて、

当たって砕けて良いから何度でもやり直せ、という前に当たることが怖いのがよく分かった。