タモリがみぃちゃん

wimaxの申し込み時に気がかりに思ったのは、回線の速度についてでした。無線となっているので、自身の暮らす環境にかなり左右されるだろうという思いがあったからです。

正式に契約する前に、試しに使ってみて実際の速度を確かめることができました。

納得できる速度だったので、即、契約しました。今使っている携帯電話の2年縛りの契約が終わったら、次をどうするか考えています。ワイモバイルというものがあるのを知ってネットで確認しているのですが、下取りキャンペーンというものが実施されていることを知ったのです。

下取りのお金がかなり気になります。

お金次第では、下取りに出してみてもいいかもしれません。光回線にはセット割というサービスが設定してある場合が結構あります。そんなセット割というのは、携帯回線と光回線の二つを同じ時に契約してしまうことで割引を得られるというようなことです。

この分野では、これ以降キャリア大手による競争の激化が予測されています。

プロバイダにつながらない際に確かめることがあります。

それでも接続できなかったら、プロバイダに聞いてみてください。住居を移転したら、移転先の住居がフレッツ光しか利用できませんでした。

今までの間使ったいた通信会社を変えることなく行使したかったのですが、他に選択の余地がなく、使用することにしました。

月が変わるごとにあることなので昔の倍の値段の負担が重いです。

引っ越しをきっかけにプロバイダを今までと違う会社にしました。変更しても、以前使っていたプロバイダとそんなに違いを感じたりしないので、変更して正解だったと思います。プロバイダなどは2年ごとの契約更新時に考え直すといいのではないでしょうか。

wimaxの契約は、クーリングオフの対象外であります。

というわけで、よく考え抜いた上で申し込みをするようにしてください。契約した後すぐ解約をすると、解除料違約金といった名の費用がかかります。分かりやすく言えば、携帯電話と同じような仕組みになっているわけです。wimaxのデータ通信ならば、速度制限がないので仕事でパソコンを使う方でも何の心配もなく利用可能だと感じます。

PCで通信する場合においては、スマーホフォンなどのモバイル端末に対して、ページ容量も多くたちまち通信量が上がってしまうので、通信制限がないのは嬉しいです。使用しているのが光回線ならIP電話を試してみるとリーズナブルで便利です。光回線を使用するので、一般の電話回線と同じように音声データを何度も交換機から中継する必要性はありません。だから、電話料金がかなり安くなり、プロバイダ次第で変わりますが、月の料金が一般の電話回線よりも安くなることが大部分です。

次のインターネット環境として、ワイモバイルを候補としています。

どうせなら得した方がいいので、どんなキャンペーンが行われているのか見てみました。大まかに見てみたところ、他社から乗り換えればキャッシュバックという仕組みがありました。適用条件などを確認して、慎重に検討したいと思います。