教育費は大学進学費用を目標にしてよく話されるけど、それ以前は大丈夫なのか?

こんにちは!宗次亜矢子です。

子育て中の女性に役立つ

お金の話をお伝えしています。

教育費をいつまでにいくら貯めたらいいか?

ココはやっぱり気になるところだと思うのです。

私は最初教育費が不安でした。

なので色調べていました。

それでいつも腑に落ちないと感じていたのは、

いつまでに準備するかというとこ。

大体が大学資金の準備に

焦点を当てたものが多いように感じていました。

でも、心配性な私は、

中学や高校で資金が足りなくなったらどうする?

中学高校分までも教育費を貯めていくとなると、うちの家計だと全然追いつかない

なんて状態

それで自分の中で出した答えは、

教育費とは、基本は1年の手取り金額内でやりくりする

といういたってシンプルなもの

教育費は進路によってかなり変わります。

公立なのか?私立なのか?文系なのか?理系なのか?はたまた医科歯科系なのか?

その進路にかかる費用を

1年の手取り金額から出せるのか?

多くのご家庭では、

どうしても捻出できない教育費のピーク時があると思います。

そのピーク時に向けて

1年間の手取りではまかなうことが難しい金額

を備えておくこと。

それが、教育費を貯めるということ

1年間の手取りではまかなうことが難しい金額

を知るのは、そんなに難しいことではありません。

一年間の生活費を出して、

その生活費に教育費が加わったとしても、

年間の手取りを超えないか?を見てみるのです

1年間の手取りその年に貯金できた額1年間の生活費

貯金が総額でいくらあるか

によって状況は色ではありますが

分かりやすくイメージするとこう

年間手取り600万

年間支出400万年200万貯金ができているので、年200万までなら教育費を出す余力がある

子供1人

進路幼稚園〜大学までずっと国公立

この場合教育費を貯める必要は低いと思います。

自宅外通学になったら状況は変わりますが

年間手取り600万

年間支出550万年50万貯金ができているので、年50万までなら教育費を出す余力がある

子供2人

進路幼稚園〜中学まで公立、高校大学が私立文系

1人目の子供が高校生以降、教育費は毎年100万以上かかる。なので、1人目の子供が高校に入る前にある程度の教育費を貯めておく必要がある。

中学から赤字が続くようならば、早急に改善が必要だと思います。

でも、教育ローンなどを利用しなければ乗り越えられないならば、

進路自体を考えた方がいいかもしれません。

私たち親としてできることは、

家計のバランスを崩さない範囲で

一定の教育費を準備しておくこと

だと私は思っています。

習ったことを実践すれば楽して確実に貯金できる5日間メールレッスン

仕事や家事育児に毎日大忙しの女性達が

少しでも楽に、確実に貯金できるよう

私がアレコレ試して一番効果のあった方法をギュッとまとめてお届けします

現在ご提供中のサービス

個別相談

マネー講座2018年2月1日教育費の賢い貯め方横浜東戸塚

お客さまのご感想

お問い合わせ